SCENEMASS

人間の持つ様々な感情や精神面を、花や植物に主題を置きながら様々な

表現方法で作品を発表。

その他にも、社会問題を題材とし花で問題定義を行うショートフィルム制作等も

行っている。

フラワーアレンジのみにとどまらず、食やファッション、広告、そしてギフトとして

のプロダクト等の花で表現することのできるもの全てを追求している。

井上 樹 / Tatsuki Inoue

1995年4月 生

関西学院大学文学部を中退後、桑沢デザイン研究所にて建築・インテリア

を学ぶ。


在学中の出来事により人間の生と死を主題に作品制作を開始し様々な表現を

模索する中、生花を使用しての表現へと行き着きフラワーアーティストと

して活動を開始。


ただ表面的に美しい表現よりも、ネガティブな部分含めある感情や風景を

思い出す、いわゆる音楽や映画のような表現を花で表すことを追求し

制作している。

現在は新しい花の表現として、社会問題への訴えをテーマとし

花を中心としたショートフィルムの制作なども行っている。


過去の実績としては、テレビ番組のスタジオセット、

ファッションブランドのビジュアルルック、レセプションパーティー、

インスタレーションなど主に自身の育ってきた中で距離が一番近い存在で

あったファッションやメディア関係でのフラワーディレクションを

努めた。